情熱とは

自分の情熱はどの程度のものか?

自分はどのくらいの情熱を持って、目の前の仕事に取り組んでいるだろうか。
自分はどのくらいの情熱を持って、従業員や取引先と接しているだろうか。
自分はどのくらいの情熱を持って、家族や友人と向き合っているだろうか。

もし、何か問題が発生していたり、自分や他者の能力不足を感じていたりするようであれば、自分の情熱が不足していることをまずは疑うべきでしょう。

情熱はあらゆる想像の源泉。
情熱が途絶えれば、どんな知識も技術も全く無駄になります。問題が解決できなくて当然ですし、あらゆることがうまくいかなくて当然です。

情熱だけですべてを解決することはできませんが、情熱があればすべてを解決に導くアイデアが無限に生まれてきます。そのアイデアを行動に移す力も湧いてきます。
情熱があれば、大概の失敗からも復活することができるだけでなく、失敗を重ねるごとに能力が磨かれ成長することもできます。

あらためて、自分の情熱がどの程度のものなのか、問うていきたいと思っています。
▼本質を見抜く力を身につけるために▼
もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論