経費削減の中に人件費を入れるかどうか


従業員満足度調査会員制メールマガジン「日刊:名言から学ぶ組織論」


経費削減の中に人件費を入れるかどうか

SPONSORED LINK

 
「経費削減の中に人件費を入れるかどうか」
に、経営者の人間性と、
本当の企業理念がにじみ出ます。

従業員満足度を高めたい、と
考える経営者は近年少しずつ増えてきておりますが
従業員満足度を高めることを、
「業績向上のための手段」と考えるか、
「従業員満足度を高めることこそが企業目的」
と考えるかで、
やることなすことの根幹が全く変わってきます。
SPONSORED LINK



なぜ従業員満足度に興味を持ち始めたのか、
みなさんも今一度自らの胸に手をあてて
心の深い部分にある信念を感じてみてください。


GREAT PLACE TO WORK(R) という組織が
年次で発表している、
「働きがいのある会社ランキング」の
2016年第一位になった日本マイクロソフトの社長が
なんと驚くことに、

経営トップが働きがいのある会社づくりに
力を入れる理由は、
業績向上のためである旨の発言を堂々としています。

つまり、働きがいのある会社を作ることは、
業績向上のための「手段である」
と言っているのです。

トップがそういう考え方であっても、
現実として働きがいのある会社
(=従業員満足度の高い組織)が
できているのであれば良い、
という考え方もあろうかと思います。

しかし、働きがいのある会社を
業績向上の手段であると考えが根幹にある場合、
時代や環境が変わり、業績向上のための手段として
もっと良いものがでてきたとき、
こういう考え方の企業の従業員満足度は
そこから右肩下がりになります。

歴史を見れば、目的の達成に向けて
常に手段は変わっていることが理解できるでしょう。

働きがいのある会社(=従業員満足度の高い組織)を
つくりたいと考える経営者が増えたことは
喜ばしいことではあります。

ただその背景として、現代の先進国家では
それが「業績向上の手段として最適だから」という理由が
根幹にある場合、どうしても喜ぶことができないのです。

私が考える従業員満足度の高い組織とは、
あえて言い換えるとしたらまさに、Great place to work
という言葉がしっくりきますので、
この、GREAT PLACE TO WORK(R) という組織には
かなり前から注目しておりましたが、
(いや、今でも注目しておりますが)
ちょっと気になる点が、この「目的と手段の違い」です。

ただ、補足しておくと、
GREAT PLACE TO WORK(R)という組織の成り立ちや、
その他の考え方を見聞きする限り、根幹では、
「働きがいのある会社(=従業員満足度の高い組織)
を作ることは
すべての企業は、最終的な目的とすべきである」と
考えているようにも思えるのです。

この組織、表向きの収益構造が
関わる企業の従業員満足度とリンクしないので、
そこは再考の余地ありと、生意気ながら思っています。

引き続きウォッチし続けたいと思います。


もっと深いたくさんのお話を、
以下のメルマガで一般公開しています。

名言から学ぶ組織論
https://es-keiei.jp/kaiin-melmaga-service/
SPONSORED LINK

従業員満足度向上メルマガ登録フォームへ

『経費削減の中に人件費を入れるかどうか』へのトラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだ『経費削減の中に人件費を入れるかどうか』にトラックバック、コメントがありません。

『経費削減の中に人件費を入れるかどうか』へコメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«