任せるなら、心中するつもりで
【信じるに足る人を選んでその人と心中するつもりで任せ切る】

組織として仕事をするということは、こういう覚悟をリーダーが持つということでもあります。

もちろん、信頼して任せること(信任)と、手放しで任せる(放任)は根本的に違いますので、ここを勘違いしないということは大前提です。
そして、人間のエラーを補完するような仕組みが組織にあることも大前提です。

その二つの大前提があるうえで、「信じるに足る人を選んでその人と心中するつもりで任せ切る」という度量が、経営者には欠かせないと私は考えています。

どんなに素晴らしい経営手法を駆使しても、経営者、リーダーにそういう度量がない場合、組織に所属する人間は成長しませんし、優秀な人材が集まってくることもありません。

みなさん、自分の身近に、信じるに足る人の存在はありますか?
そして、その人と心中するつもりで任せきることはできていますか?

ここから目をそらしていては、良い組織はつくれません。


もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論