目的と手段の違いを学んでいるはずなのに
手段と目的の違いを多くのビジネスマンは学んでいるはずなのに、 それでも手段と目的がごちゃまぜになっているような言動が目立ってしまうことがあります。

そんな時にこそ、目的の再確認が重要です。目的を外さなければ、大きく道を踏み外すようなことはありません。

何はなくとも、「何のために」今の自分の言動があるかを考えておく。目的と思考と行動に一貫性があるからこそ、周りは安心してついてくることができるのです。
日々、正しい活動を続けていても、小さなエラーは日々無数に積み上がります。誰もが人間であれば致し方ないことでもあります。

イレギュラーが多い人間であっても、「何のためにということを外さなければ、そんなに狂うものじゃない」ことを自覚し、クレドを通じて日々目的について考える機会を組織内に浸透させていきたいですね


もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論