仕事を心から楽しむと、周囲の反応が変わってくる。


従業員満足度調査会員制メールマガジン「日刊:名言から学ぶ組織論」


仕事を心から楽しむと、周囲の反応が変わってくる。

SPONSORED LINK

 
本日も当ブログへご訪問いただきありがとうございます。

最近(ここ半年くらいで)、私に対する
周りの方々の反応が大きく変わってきたことがあります。

それが、あまりにうれしく、思わずニンマリしてしまうようなことでしたので、
その喜びを、ご訪問者の方とシェアしたいなぁと思い、
本日は、出張先の大阪天王寺よりブログをアップしたいと思います。


さてさて、思わずニンマリとしてしまうような、
周りの方々の、私に対する反応の変化とは?

それは何か?
SPONSORED LINK




それはどんな状態の時のことなのか、
まずはそのシチュエーションをお伝えします。


たとえば、何人かで集まって世間話をしていたとします。
週末に3連休を控えた平日のある日、こんな会話をしています。


(Aさん)
「もうすぐ3連休ですね!」

(Bさん)
「Aさんは、どんな風にすごされる予定ですか?」

(Aさん)
「そうですね~、私は家族と温泉に行こうと思ってまして。」

(Bさん)
「お~、良いですねぇ!温泉は気持ちが良いですよね!うらやましぃ~」

(Aさん)
「ところで、藤原さんは何かご予定あるんですか?」

(私)
「3日間とも仕事なんですよ~」

(Aさん)
『 ***************** 』




・・・と、こんなシチュエーションです


そう、上述のようなシチュエーション。イメージできましたでしょうか?

会話の最後の、

『 ***************** 』

この部分。


私が、「3日間とも仕事ですよ~」と言ったあとの、
この部分の相手の反応が、ここ半年くらいで大きく変わったのです。



以前の反応はこんな感じ。


(私)
「3日間とも仕事ですよ~」

(会話の相手方)
「そうなんですかぁ。3日間とも仕事なんて大変ですねぇ・・・
      藤原さん、たまには休んだ方がいいですよ。」



という感じです。

ま、ありがちな反応と言えば、ありがちな反応ではあります。




対して、最近の反応は・・・


(私)
「3日間とも仕事ですよ~」

(会話の相手方・1)
『 そうなんですかぁ~。藤原さんホント楽しそうで羨ましいです! 』

とか、

(会話の相手方・2)
『 エネルギー充電できますね! 』

とか、

(会話の相手方・3)
『 そうなんですか!いいっすねぇ~
  その日、藤原さんのお仕事の現場に遊びに行っていいですか? 』

とか、

そんな風に反応していただける方が本当に増えたのです。






この違いわかりますか??


いやぁ、このブログを今この瞬間、
書きながらも思わずニンマリしてしまいます(笑)



3連休、仕事に行くと話した返答が、

『 エネルギー充電できますね! 』


                  ですよ(笑)



いくら私が、
「仕事は楽しくやりましょう!」 って声を大にして言ってみたところで、

「次の連休は仕事なんです」 って言った反応が、

『 そうなんですか、、、大変ですねぇ。。。 』

では、説得力まるでなしですよね。



でも、以前は私も、第三者からそういう反応をされていたわけですから、
どこかで仕事を楽しみ切れていないのが、一挙手一投足、言葉の端々から
にじみ出ていたんだと思います(汗、、、反省)



しかししかし、
今では、この反応!!!



『 そうなんですかぁ~。藤原さんホント楽しそうで羨ましいです! 』

『 エネルギー充電できますね! 』

『 そうなんですか!いいっすねぇ~
  その日、藤原さんのお仕事の現場に遊びに行っていいですか? 』


ようやく第三者から見ても、私が仕事を心から楽しんでいるということを
感じていただくことができているんだと思うと、本当にうれしくてたまりません(泣)



さて、明日からの3連休(7月17日、18日、19日)はもちろんお仕事!

大阪と京都で楽しい楽しいお仕事をしながら、エネルギー充電してきます!

SPONSORED LINK

2010年07月16日 コメント&TB(0)

このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数 |カテゴリ: 藤原清道の経営論

従業員満足度向上メルマガ登録フォームへ

『仕事を心から楽しむと、周囲の反応が変わってくる。』へのトラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだ『仕事を心から楽しむと、周囲の反応が変わってくる。』にトラックバック、コメントがありません。

『仕事を心から楽しむと、周囲の反応が変わってくる。』へコメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«