平等と公平について考えてみる


従業員満足度調査会員制メールマガジン「日刊:名言から学ぶ組織論」


平等と公平について考えてみる

SPONSORED LINK

 
平等ってなんだろう。
公平ってなんだろう。

三笠宮崇仁親王殿下が
薨去されたニュースを聞き、
昭和という時代に思いを馳せ、
平和な時代に生を受けた自分の幸運を思い、
皇室の方々の気苦労を思うと、
平等ってなんだろう、公平ってなんだろうって。
SPONSORED LINK



公平に機会が与えられ、
公平に評価される環境は、
組織の従業員満足度を高めていこうと考えたら
不可欠に思いますが、
ここにこだわり過ぎるのも現実的ではないですし、
公平を絶対視することも
ナンセンスだと考えています。

経営者である自分たちが
公平であろうと自律することは良いことですが、
人間である以上、出会う人すべてに
公平に接することなどとてもできません。

平等でも公平でもない現実を受け入れた上で、
自分ができることに全力を尽くす。

三笠宮さまは、
そういうお方だったのではないかと感じるのです。

自分はまだまだやれることがある。
やれることをやりきっていない自分が
恥ずかしくもあります。

できることに全力を尽くしたいと思います。



もっと深いたくさんのお話を、
以下のメルマガで一般公開しています。

名言から学ぶ組織論
https://es-keiei.jp/kaiin-melmaga-service/
SPONSORED LINK

2016年10月29日 コメント&TB(0)

このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数 |カテゴリ: 藤原清道の経営論

従業員満足度向上メルマガ登録フォームへ

『平等と公平について考えてみる』へのトラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだ『平等と公平について考えてみる』にトラックバック、コメントがありません。

『平等と公平について考えてみる』へコメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«