起業家はなぜ1割も生き残ることができないのか。


従業員満足度調査会員制メールマガジン「日刊:名言から学ぶ組織論」


起業家はなぜ1割も生き残ることができないのか。

SPONSORED LINK

 
熱い気持ち、崇高な志


それなら誰にも負けない!!

あなたはそう思っているかも知れませんが、
経営に必要な要素はいうまでもなくそれだけではありません。
SPONSORED LINK



ましてや、起業となればなおさらです。

熱意や志があることはそれはそれで素晴らしいことです。
しかしそれは必要条件ではありますが、十分条件ではありません。




カンペキな事業計画をつくり、
多くの人から共感される理念を掲げ、

意気揚々とスタートさせた事業も、
10年後まで生き残っている人(会社)は10%以下というのが
曲げようもない現実です。



必要条件と十分条件の違いをはっきりとさせておくこと。

起業すること自体は勢いがあれば誰でも簡単にできますが、
事業の継続(しかも利益を上げながら)は、想いだけではどうにもなりません。



では、どうすれば良いのか?

10年後も生き残ることができるようなトップ10%になるために
どうすれば良いのか?



優秀な経営コンサルタントのお世話になれば良い?


クライアントの成果にコミットするような
本物のコンサルタントにお世話になれるのであれば
それもひとつの方法です。

しかし多くの場合、
コンサルタントのアドバイスを表層的に実践しても
思うような結果に結びつきません。

なぜならば、コンサルタントのアドバイスの多くは、
その会社の財務状況を無視して行っているからです。


分かりやすくいえば、
まったく同じステージにいる二社の会社があったとして

今、一億のキャッシュがある会社と
毎月ギリギリの自転車操業をしてる会社と
有効な施策が一緒なはずがないということです。

(まぁ実際問題、ここまで分かりやすい事例はありませんが…)


そう考えたら、本やセミナーで得た知識を
自分なりの加工をせずに即実践することがいかに危険なことかが
おわかりいただけるかと思います。




これから起業しようと考えているひと。

もしくは起業10年以内でまだ軌道に乗せきれず苦しんでいるひと。




そんな人たちにオススメの起業塾を今日は紹介します。


私もお世話になっている税理士さんが主催する実践型の起業塾。

コチラ → クリック



申し込み締め切りは今月末の2011年9月30日(金)。




コンサルティングのできる税務財務のプロフェッショナルと良いパートナーシップを結ぶことは、利益を出しながら事業を継続させるための必要条件のひとつです。





地に足のついた、浮ついていないアドバイスができるコンサルタントは必ずその人その会社の財務状況を把握した上でしか、責任をとれるアドバイスができないということを知っています。




従業員満足度の高い組織をつくるためにも、
健全な利益を出し続けながら事業継続しなければなりません。




SPONSORED LINK

2011年09月04日 コメント&TB(0)

このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数 |カテゴリ: 藤原清道の経営論

従業員満足度向上メルマガ登録フォームへ

『起業家はなぜ1割も生き残ることができないのか。』へのトラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだ『起業家はなぜ1割も生き残ることができないのか。』にトラックバック、コメントがありません。

『起業家はなぜ1割も生き残ることができないのか。』へコメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«