純潔な情熱からはじまる

知識や才能よりも重要なこと

知識や才能よりも、真剣味や情熱が大切だと聞くと、俄然モチベーションが高まるように感じるのは私だけでしょうか。

人として大切なもの。
人それぞれ価値観によって大切なものは異なるかもしれませんが、大切にするものの定義で、その人の人となりが分かります。

「何よりも真剣味」そして「純潔な情熱」

これが全てとは言いませんが、これが欠けている人間には、ろくな仲間が集まりません。結果として、大したことを成し遂げることはできません。知識や才能があったとしても、です。

知識も才能も、現時点では全く無くても、真剣味があり純潔な情熱があれば、あとからいくらでもついてくるもの。

従業員満足度の高い組織づくりも、真剣味と純潔な情熱から始まるのです。
▼本質を見抜く力を身につけるために▼
もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論