教育のやり過ぎをしてはいけない。


従業員満足度調査会員制メールマガジン「日刊:名言から学ぶ組織論」


教育のやり過ぎをしてはいけない。

SPONSORED LINK

 
教育についてどのように考えたら良いのだろう。これも従業員満足度研究所の研究テーマのひとつです。従業員満足度の高い組織では、どのように教育がされているんだろうと考えたことはありませんか?仕事に対する満足度が高く、経営者が思っている以上の成果を上げる優秀な従業員は、誰かに手取り足取り教えてもらいながら仕事をしているわけではありません。
SPONSORED LINK


入社したてのまっさらな従業員には、一定期間(組織の価値観と行動に乖離がなくなるまで)は、手取り足取り教える必要がありますが、その後は、何でもかんでも手取り足取り教えてはいけない。そう考えています。

丁寧に教えることと教育のやり過ぎは、似て非なるものであるということに気付いていますでしょうか。誰しも、人から感謝されると嬉しいもの、ですよね?「○○さんのおかげで、こんなことができるようになりました!」なんて言われたら、ね。たまりませんよね?しかし、教育の観点からしたら、「○○さんのおかげで・・・」と言われたら、その時点でそれはもう、教育のし過ぎだということのようです。従業員一人一人が、自分の力でなにかを成し遂げたと実感できるようにするのが、正しい教育。目の前で、○○さんのおかげで、なんて言わしめるところまで手を掛けてはいけないのだと。教育をする相手から感謝を含めた見返りを求めているうちは教育者としても経営者としてもまだまだなのです。

自分の力でこの会社を大きくしたんだと、従業員の皆が実感できるように導くこと。感謝されないギリギリのところで手を掛けるのをやめるのです。そうすることで、一人前の人間が育っていき、ただ従業員満足度が高いというだけでなく、優秀な人材がさらに優秀になっていきながらも会社を辞めずに仕事を頑張っている状態が醸成されるのです。
SPONSORED LINK

2014年03月04日 コメント&TB(0)

このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数 |カテゴリ: 藤原清道の経営論

従業員満足度向上メルマガ登録フォームへ

『教育のやり過ぎをしてはいけない。』へのトラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだ『教育のやり過ぎをしてはいけない。』にトラックバック、コメントがありません。

『教育のやり過ぎをしてはいけない。』へコメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«