メンターを持つことの重要性。真のメンターとは?


従業員満足度調査会員制メールマガジン「日刊:名言から学ぶ組織論」


メンターを持つことの重要性。真のメンターとは?

SPONSORED LINK

 
経営者のみなさん、

突然ですが、メンターと呼べる人はいますか?


メンターとは、指導者・助言者・恩師とも訳され、
仕事やキャリアのお手本となり、
活動全般を支援してくれる人のことです。


■さて、
 
SPONSORED LINK


 メンターと呼べる人を持つことの重要性は
 今さら私が述べるまでもないことですが、

 経営者という立場になると、
 なかなか、本当の意味でメンターと呼べる人を
 持つことがむずかしかったりします。


 ちなみに、

 メンターという言葉を、
 「指導者や助言者」という日本語で考えるならば
 
 そういう人は、きっと
 みなさんも、たくさん思い当たるとおもいます。



■しかし、本当の意味での「メンター」とは、

 指導や助言をしてくれるだけの存在ではなく、

 耳の痛い言葉をオブラートに包むことなく
 ダイレクトに苦言を呈してくれる


 そんな存在ではないかと思うんです。

     (あくまでも私見ですが・・・)
 



■ちょっと思い出してみてください。

 社会に出るのと同時に経営者となられた方は別として

 多くの人は、経営者になる前は
 上司のいる環境で、サラリーマンとして働いて
 いらっしゃったのではないかと思います。


 そんな中で、
 ほめられることもあれば、叱られることもあったでしょう。

 時には、態度や取り組み方そのものに対して
 きびしく指導を受けたこともあるのではないかとおもいます。


■しかし、

 経営者となり、業績が向上すればするほど、

 周囲からは、

 ◎賞賛、

 ◎共感、

 ◎賛同、

 など、肯定的な反応が圧倒的にふえ、

 仕事にたいする、態度や取り組み方など、


 人間性の部分に苦言を呈してくれる人が、
 本当に極端に少なくなってしまうんです。





■では、経営者になる前には未熟だった人間が

 経営者になったとたん、急に非の打ち所のない、
 魅力的な人間になるんでしょうか。

 

 ・・・
 


 無論、

 そんなことは絶対にあり得ません。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 単に周りの人は、至らないことにたいして、
 指摘をしてくれなくなるだけなのです。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



■そして、
 
 業績を向上させ、業界内で著名になればなるほど、
 その傾向はさらに強くなります。 



■よく、

 「人を叱るときは、人間性を否定せず、
          行動そのものを叱るべし」

 というようなことが、いろんな書籍などでもいわれています。

 一般論としては、まさに正論だと思います。



 しかし、こと経営者に限っていうと、

 耳の痛い言葉をオブラートに包むことなく
 ダイレクトに苦言を呈してくれる

 「人間性を否定してくれるメンターをもつ」ことが、
 本当に本当に重要で、価値あることだと思うのです。

 

■あくまでも私の経験上の話ですが、

 経営者になると、

 もっと言うと、ある程度の実績を残した後には

 「人間性を否定してくれるメンターをもつ」ということは、
 売り上げを上げることよりも、はるかに難しくなります。


 しかし、
 「人間性を否定してくれるメンターをもつ」ことで
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 自分自身の成長速度が速まるということは間違いありません。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


 どんな立派な人でも、

 ▼無意識に、人を不快にするようなしぐさをしていたり、
 
 ▼無意識に、鼻につくようなしゃべり方をしていたり、

 ▼無意識に、嫌味のある言い回しをしてしまっていたり、

 ▼知らないうちに、大切な人が離れていってしまったり、

 こういうことがないとは言い切れません。



■ほんのわずかでも、

 人間性に綻び(ほころび)が生じると、

 
 ▼今までうまくいっていたことが、うまくいかなくなったり、
 
 ▼大切にしたいと思っていた人が離れていってしまったり
 
 そして、
 そうなる時は、加速度がついてしまって、
 
 気がついて、改めようとしても、
 「時すでに遅し」ということになりかねません。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■そこで、オススメなのが、

 【 人間性を否定してくれるメンターをもつ 】

 ということです。
 
 そうすれば、事前に、
 上述のような危険を回避できる可能性がグンと高まります。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



 【 人間性を否定してくれるメンター 】 とは、

 あらためて、わかりやすくいうと、

 「キミ、そういうところ直した方が良いよ。
  きっとそういうやり方は、他の人も不愉快に感じているはずだ。」

 「人間として、そういう考え方を改めないと、
  いくらカッコいいこと言っていても人はついてこないよ。」

 と、まぁ、こんな風に言ってくれる人です。


■しかし、

 メンターと呼ぶからには、

 『あなた自身が全幅(ぜんぷく)の信頼を寄せることができる人』

 でなくてはなりません。

 
 こんな時代ですから、
 無責任に、否定をしてくる人はたくさんいると思うのですが、
 そんな人は、メンターでも何でもありません。




■あなた自身が本当に尊敬する人の中で、

 このように、人間性の部分まで踏み込んで苦言を呈してくれる人
 というのは、なかなかいないのではないでしょうか?


 
■けっして八方美人になるためではなく、

 ▼自分がやりたいことをやりやすくするため、

 ▼自分が付き合いたい人との関係をさらに深めるため

 ▼愛する仲間たちに不愉快なおもいをさせないため


 自分の人間性を高める努力はし続けなければいけません。



■だからこそ、
 
 その人間性を高めるためのメンターを、

 【 人間性を否定してくれるメンターをもつ 】

 ということが、とりわけ重要になってくるんだと思います。




■私は、本当にしあわせなことに、

 今身近に、本当に尊敬できる、全幅の信頼を寄せられる
 メンターがいます。

 そして、その人は、
 私の人間性の部分まで踏み込んで苦言を呈してくれます。


 これは、本当にしあわせなことです。



■とはいっても、

 私も感情のある人間です。

 人間性を否定されれば、
 そのときの感情が、マイナス方向に高まってしまうこともあります。


 しかし、そこは感情を抑えるため、理性を全開ではたらかせ、

 その苦言を真摯に受け止めることで、
 大きな気付きを心深く刻むことに専念します。




『はだかの王様 』というお話をご存知ですよね?

 経営者は、みんな、『はだかの王様』になってしまう危険性があります。


だから、本当に本当に、大切なんです。

 【 人間性を否定してくれるメンターをもつ 】 ことが。


これからも、真摯に苦言を受け止められる人間であり続け、


さらに、できることなら、

 【 人間性を否定してくれるメンター 】と呼べる人を
 
 私の周りにもっと増やしていきたいと思います。




すべては、仲間たちのしあわせのために。


SPONSORED LINK

2011年02月11日 コメント&TB(2)

このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数 |カテゴリ: 藤原清道の経営論

従業員満足度向上メルマガ登録フォームへ

『メンターを持つことの重要性。真のメンターとは?』へのトラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

『メンターを持つことの重要性。真のメンターとは?』へのコメント

  1. 武村幸太郎 より:
    大事ですよね!

    人間社会は指導主義だとおもいます。

    先輩に心を開いて指導を受ける、そしてその通りに全力でやってみる。我流の小さい殻を破り、人の真心をそのままのみこむ度量を付ける。心を開くから境涯も広がる。大きく成長する原因となるとおもいます。

    指導する側も真剣勝負で相手の命を変える。
    上下や力の関係を超越した、相手を思いやる心で真剣に磨き合う関係は人間にしかできない素敵な事だと思います。

    ダイヤはダイヤでしか磨けないように、人も人でしか磨けず、指導する側、される側、両方同時に成長できるんだと思います。指導する側は他人の問題に真剣に関われば、未知の経験であっても自分の事として取り組ませてもらえるんだとおもいます。

    私は、生きていく上での最大軸となる人生の師匠がいます。また、日常的に厳しくご指導くださる先輩に恵まれ、多くの気づきをくれる後輩や仲間がいます。小我の殻を破り強く大きく打って出る原動力には師匠や先輩、仲間や・・・いろいろな人間関係を大切にする感謝と寛容の心が大事だとおもいます。

    人は自分だけの実力で生きていると思ったらダメになる。

    武村幸太郎
  2. 藤原清道 より:
    >武村さん

    ダイヤはダイヤでしか磨けないように、人も人でしか磨けない。

    これ、凄くステキな言葉ですよね。


    自分をここまで磨いてくれたのは、人生の師匠たちです。
    そしてこれからは、たくさんの後進たちを磨き続けたい。

    そうすることで、自分自身も次のステージに行けるんでしょうね。


    熱くて深いメッセージをありがとうございます!!


『メンターを持つことの重要性。真のメンターとは?』へコメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


»
«