正しい生き方はあるのか?

人間としての正しさとは何か?

人間として、絶対的に正しい生き方があるのだろうか。そんなことを考えています。
このことは今の事業を始めた23年前から、今に至るまで、要所要所で深く考えたくなるタイミングがありまして、最近その考えたい波が自分に来ていることから、深く掘り下げながら考えています。

最近の私は、多様な価値観を持った人々、つまり、自分とは違う価値観や人生観を持った人々と、積極的にコミュニケーションを取るようにしています。価値観が相容れない方々と過ごす時間は、決して心地よくはありませんが、自分が考えもしないようなことを考え、自分が気にもとめないようなことで悩んでいるような人たちと、直に触れることは本当に刺激的です。

しかし、多種多様な価値観、人生観を持った人たちと触れれば触れるほど、絶対的に正しい生き方というものは無いように感じてきます。しかし本当にそうなのでしょうか。

生き方。事業のあり方。

常識が変わり続ける時代に、人間としてどうあるべきかを考え続ける。思考を止めること無く、生き方、あり方を追求し続けることが、人間の営みとして大切なことのように思います。

ただ、私は哲学者になるつもりはありません。それでも、人間として正しい生き方を追求しようとすれば、哲学から逃れることはできません。

経営も全く同じです。
絶対的に正しい経営というものがあるのだろうか。従業員満足度を高めることは絶対的に正解なのだろうか。従業員を酷使し、オーナーだけが儲かるビジネスを作ることは、絶対的に否定されるものなのだろうか。

さまざまな価値観が交錯する中、自分と違う生き方をしている人たちと、これからも積極的に交流していこうと思います。
▼本質を見抜く力を身につけるために▼
もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論