日本人の美しい価値観とは?
自衛隊の指揮官は先に部下を逃しておいて、自分は最後に逃げます。
そういう素晴らしい価値観が、日本人の中に絶対あったはず

月間致知の中で、この言葉に出会いました。

私は自衛隊の指揮官ではありませんので、自分の実体験で言うことはできませんが、何人かの人から伝え聞くところによると、非常時には「指揮官は先に部下を逃しておいて、自分は最後に逃げる」という行動を取るだろうことが容易に想像できます。
そしてそれは自衛官にだけでなく、多くの組織のリーダーが同様の行動を取ることも想像できます。

もちろん、日本人だからといってすべてのリーダーがそうだとは思いませんし、実際には逆の行動を取る人が一定数存在しているのも事実だと思います。残念ですが。
しかし、日本人の多くの人の中には、教えなくてもそういう価値観がしっかりと根づいています。

どのような価値観であっても、絶対的な正解はありません。自分第一という価値観もあり、他人を逃がすよりも、まずは自分が助かる手段を優先するという人もいます。どっちが正解でどっちが不正解ということもありません。

ただ、どっちの価値観を持った人と一緒に生きていきたいか。一緒に働きたいか。ということを、はっきりさせておくと、会社のベクトルを揃えやすく、従業員満足度も上げやすいのは間違いありません。

日本人の美しい価値観。素晴らしい価値観を、後世にまで伝えていきたいと思います。


もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論