ブログ

愛すべき仲間を増やすために・・・

  • 公開日:

昨今、世間では、
解雇だのなんだのって話題になっているようですが、
皆さんの会社ではいかがですか?

本日は、弊社の採用についての
お話をさせていただきたいと思います

ちなみに、
巷で話題になっている会社の
解雇や派遣切りの「是否」については、

その会社の経営事情を知らない私が
無責任なことは何もいえませんが、

少なくとも、私たちの会社では、
「人材=コスト」と考えて切り捨てるようなことは考えられません。

といいますか、

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

人を、仲間を大切にするのが、私たちの企業理念ですから、

人が犠牲にならないと継続できないようなビジネスなら

その時点で、店じまいします。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

そりゃそうです。

先ほどお送りさせていただいた、
私のメルマガ の中でもお話いたしましたが、

そもそもビジネスとは、金儲けではありません。
ビジネスとは、人の役に立つことをすることです。

たくさんの人の役に立った結果として
残るものが利益(お金)です。

メルマガ を読んでいない方もいらっしゃるかと思いますので
念のため、以下に転載いたしますね。

~~~~~~  こ こ か ら  ~~~~~~~

————————————-

ビジネスとは、金儲けではない。
ビジネスとは、人の役に立つことをすること。

であるから、
ビジネスに熱中することが、人間性を高め
人生をゆたかにするのである。

仕事(ビジネス)をしすぎることに違和感を覚える人は
ビジネスを金儲けの手段だと勘違いしている。

————————————-

■今回のTTP語録所感

仕事に熱中することって、実はステキなことなんです。

熱中すればするほど、人の役に立てて、
さらに、自らの人間性も磨くことができるんですから。

仕事ばかりしている人のことを
快く思っていない方いませんか?

そういう方は、ぜひ「仕事の本質」を
あらためて考えてみてください。

やればやるほど、人をしあわせにできて、
そして自分も成長することができる。

それが仕事(ビジネス)です。

~~~~~~  こ こ ま で  ~~~~~~~

さてさて、
私ごときが言うほどのことでもありませんが、

中小企業の、企業力、成長力を支えているのは、
間違いなく、「人」です。

企業は、

①正しい知識と意識をもって、
②いい人材を採用して、
③活躍できる風土を作って
④定着させていけば、

だまっていても成長するといわれています。
(確かにそのとおりですよね。)

ちなみに、この4つのステップには、
「人を解雇する」なんていう言葉はありませんね。

ですが、
私もキレイゴトだけを言うつもりはありません。

時には、
心苦しくも辞めていただかざるをえないケース

があることも事実です。

しかし、

辞めていただく人を、
雇用形態や、仕事の能力といった
そういう基準で決めてはいけないのではないか!

と、おもっているのです。

(あくまでも、経験上の私見ですが、かなり重要なポイントです。)

私が考える、
心苦しくも辞めていただかざるをえない人、とは、

「企業理念に沿わない人(=会社がもつ価値観に共感できない人)」

です。

弊社の例でいいますと、

 【企業理念】

  仲間と自分のしあわせを考え、
  仲間と会社を大切にし、
  仲間と共に社会の発展に貢献する。

という価値観を持っている会社ですから、

仮に、どんなに仕事ができる人だったとしても、

▼共にはたらく仲間を大切にできない人や、
▼職場の空気を乱すような言動しかできないような人や、
▼社会の発展なんかどうでもいいと思っている人、

などが、

この、

「心苦しくも辞めていただかざるをえない人」

に該当します。

ですが、

逆にいえば、

理念に沿った行動ができる人であれば、
どんなに仕事ができなくても、
雇用形態が正社員だろうが、パートだろうが関係なく、
会社都合で辞めていただくようなことは100%ありません。

昨今の、大企業を中心としたリストラが
どのような基準で、人を減らしているのかはわかりませんが、
少なくとも私どもの会社では、
上述のような基準で、経営をしております。

さて、解雇などの、暗いお話はこのくらいにしまして

企業の成長を支える「人」を増やす方法について、
私が学んで実践してきたことを、お話したいと思います。

  ※一般論ではなくて、弊社の実例です。

企業は、

①正しい知識と意識をもって、
②いい人材を採用して、
③活躍できる風土を作って
④定着させていけば、

だまっていても成長するといわれています。

と、いわれれば、誰もが否定しないと思います。

しかし、意外にも

①を無視して、
②にトライしようとしている会社が

あまりにも多い気がしてなりません。

(実は、弊社も、そんな会社のひとつでした、、、汗)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

採用に成功する会社は
   成功するようにやっていて、

採用に失敗する会社は
   失敗するようにやっています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

これは、私の尊敬する 稲田行徳さん の言葉です。

ちょっと、まだ長くなってしまいそうですので、
次回に続けさせていただきますね!!

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5730号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら