従業員満足度研究所の公式ブログ


従業員満足度調査会員制メールマガジン「日刊:名言から学ぶ組織論」


最新情報

当サイトの更新情報はRSSフィードでも配信しています。

経営者には事業選択の自由が常に与えられている

職業選択の自由が憲法で保障されています。
雇用される側は、雇用される企業を選ぶ自由が
与えられています。

ですから、
嫌な会社や組織に留まり続ける必要はなく、
自分の意志で自由に働く会社や組織を
変えることができる、ということです。

この記事の続きを読む

カテゴリ: 藤原清道の経営論

人の悪い部分にフォーカスして批判する人を許さない

人は誰しもダークサイド(悪い面)があります。
みなさんにも私にも。

それは、
素晴らしい人格者と言われている人だとしても、です。

この記事の続きを読む

経営者は自分の人件費をどう考えるのか

経営者として
気をつけねばならぬことは多々ありますが、
最近私が特に気をつけて気にしていることは、
自分の人件費について。

この記事の続きを読む

カテゴリ: 藤原清道の経営論

不労所得に憧れている人へのメッセージ

不労所得という言葉に惹かれた時期があります。
実は。

確か29歳から35歳くらいの間(現在は43歳)
だったように思います。

不労所得とは働かずに収入を得るということですから、
不労所得に憧れるということは、
イコールその時点では、働かないと生活できない
ということを認めているわけであり、

できれば働きたくないということを、
暗に言っているに等しいということだと思います。

この記事の続きを読む

自らの行動と発言の影響力を考える

自分の行動が
周りの人たちにどのように受け止められるか。
また受け入れられるか。
自分の発言が周り人たちにどのように影響するか。
またどんな反応があるか。

この記事の続きを読む

忘れっぽいからこそ得られるものがある

もの忘れがひどいという自覚のある私は、
それによって多くのものを失ったという自覚がありますが、
反面、もの忘れがひどいからこそ得てきたものも多い
ということも気づき始めました。

いや、正確には
5年くらい前から気づき始めていたのですが、
今年に入ってからかなりの気づきがあるのです。

人は忘れるという能力があるからこそ生きていける、
と言った人がいました。
もし、すべてのことを記憶していることができたら、
人はノイローゼになってしまうだろう、と。

この記事の続きを読む

カテゴリ: つぶやき系コラム

経営者は自分にも他人にも厳しくあれ

今日は久しぶりに、
弊社従業員(複数人)をガッツリ叱る機会がありました。
従業員満足度実践塾の会員(塾生)の方であれば、
もうおわかりの通り、
従業員満足度の高い組織とは
甘く優しい組織ではありませんので、
叱る必要のあるときは結構ガッツリ叱ります。

この記事の続きを読む

苦手なことは考えることで克服することができ、そこに例外はない

人間の意志の弱さに辟易します。

というのは実は私自身のことでして、
何かをやろうとか、何かをやるまいとか、
そういうことを自分で決めても、
すぐに自分との約束を破ってしまいます。

この記事の続きを読む

カテゴリ: つぶやき系コラム

普遍的な「うまくいく」法則

家族間でも、友人間でも、企業間でも、あらゆるケースに当てはまる普遍的な「うまくいく」法則は、相手が喜ぶアイデアを考えて実行することです。相手が喜ぶことを考えて日々を生きれば、毎日がつまらないと思うことは皆無であり、娯楽のための休日を心待ちにすることもなくなり、休日明けの月曜日が憂鬱になることもありません。

この記事の続きを読む

カテゴリ: つぶやき系コラム

どんな情報も妄信的に受け入れてはいけない

このブログを含めて、
ごくごく小さなメディアから世界的大手メディアまで、
あらゆるメディアには例外なく偏りがあり、
どんなメディアのどんな情報も盲目的に受け入れずに、
自らの脳というフィルターを通して、
物事を多面的にみて判断し、
発言、行動しなければいけません。

この記事の続きを読む