「藤原清道の経営論」の記事一覧

正しい生き方はあるのか?

人間としての正しさとは何か? 人間として、絶対的に正しい生き方があるのだろうか。そんなことを考えています。 このことは今の事業を始めた23年前から、今に至るまで、要所要所で深く考えたくなるタイミングがありまして、最近その […]

純潔な情熱からはじまる

知識や才能よりも重要なこと 知識や才能よりも、真剣味や情熱が大切だと聞くと、俄然モチベーションが高まるように感じるのは私だけでしょうか。 人として大切なもの。 人それぞれ価値観によって大切なものは異なるかもしれませんが、 […]

不幸を招く近道とは?

誰にでも失敗はある。悔やむかどうかは自分の選択 いろんな会社のいろんな経営者とお付き合いをしていて感じるのは、業績が伸び悩んでいる会社の経営者の多くは、「過ぎてかえらぬ不幸を悔やむ」タイプだということ。 懸命に前をむこう […]

誰もが好きなことを仕事にできる

好きなことを仕事にするのは夢物語なのか? 『好きなことだけを仕事にすることができれば、どれだけ長時間労働だってイヤじゃない。  ただ、それが叶うのは、才能や幸運に恵まれたごく稀な例だと言わざるを得ません。』 ある方が、事 […]

一方的に理詰めで押し通すことの愚

正しい主張がなぜ通らないのか? 正しいことを語るときこそ気をつけねばなりません。特に、自分より立場が下の人に対して何かを語るとき。交渉の場で、こちらよりも弱い立場の相手に対して主張を述べるとき。 こういうときに、一方的に […]

正しいマネジメントとは? 

マネジメントは難しいのか? 組織が大きくなるにつれて、人材のマネジメントに難しさを感じている人は多いのではないでしょうか。 「人間は管理されるより、自分の意思で好きな仕事をしている時、最も力を発揮する」ということはわかっ […]

自負心や自信を飼い慣らす

自信をを持つことは悪いことではありませんが・・・ 人間は愚かな生き物であると、つくづく感じます。小さな成功で調子に乗ってしまい、偉そうに振る舞ってしまったりするのは、人間は自分を客観視することが難しいことを表しています。 […]