ブログ

ノーベル賞 旭化成名誉フェロー吉野彰氏の名言から学ぶ

  • 公開日:

審査を通ったということは、「あかん」っていうことやから

これは、2019年にノーベル化学賞を受賞した、旭化成の吉野彰氏の言葉です。

吉野彰ってどんな人?画期的なアイデアを生み出すための思考とは?

尖ったアイデアを出して、尖ったものを世の中に提案していくことを当たり前のようにやっている人にとっては、万人受けするものは「ダメだ」と常に思っています

融資審査でも、新規事業審査でも、その規模が大きくなればなるほど、「審査が通る」というのは、審査をしている大半の人が納得したということであり、その時点でもう尖っていないものが出来上がってしまったという証でもあります。
(まぁ、そうは言っても、融資を受けたい時には、大半の人が納得するようなものにしなければなりませんが…)

すべてのアウトプットが尖っている必要はありませんので、「関係者全員の同意」という意味での審査通過が、良い事柄もあるとは思います。

しかし、少なくとも私たちのような小さな会社の経営者の仕事の仕方としては、関係者全員が同意するようなレベルのアウトプットしか出せないようであれば、経営者としての価値はあまりないと言わざるをえません。

この言葉【審査を通ったということは、「あかん」っていうことやから】だけでも、吉野彰氏がどんな人だったかが想像できますね。

尖ったアイデアをとことん世の中に提案していき、反対意見やダメ出しをもらってからが、自分の真価が発揮されると思っていたのではないかと想像します。

斬新なアイデア、尖ったアイデアほど、反対意見が多いのもである

リーダーとして仕事をしていると、ついついチームメンバー全員の納得が欲しくなります。

しかし、全員が納得するようなものは、大して面白くもないものだということを、私たちは知らねばなりません。

チームメンバー全員を納得させられたことを喜んでいてはいけません。
斬新なアイデア、尖ったアウトプットほど、理解できない人が多いもの。反対意見も多いもの。

それでも進むという決断ができて、そして強い力で成功に導くという覚悟がなければ、自分という人間が、経営者として会社に大きな価値を与えられないのではないでしょうか。

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5730号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら