ブログ

幸せを追求する意味と、従業員満足度・ウェルビーイングについて

  • 公開日:

幸せはなりたいと思ってなるものではない

幸せはなるものではなく感じるものであり、また所有することもストックすることもできません。

そういう性質のものであることが分かっているからこそ、
「他人の幸せに寄与すること」こそが重要であり、ひとりの人間として生きている意味なのだと感じています。

20年前の私だったら、こんな事を言う人間のことを馬鹿にしていたかもしれません。
何を青臭いこと言ってんだ、と。

しかし、そこから世の中の表も裏も自分の身を持って体験し、清濁併せ呑むことも覚え、人間としての究極的な幸せを追求していくと、

「他人の幸せにいかに貢献できるか?」が肝であると見えてきたのです。

そのひとつの形が、従業員満足度の追求。

あらためて考える従業員満足度とは?

私が考える従業員満足度とは、単なる「従業員の満足」だけではなく

・ウェルビーイング
・従業員エンゲージメント
・やりがいのある仕事
・働きがいのある組織
・一人ひとりの幸福度
・働く喜びを感じられる職場

 

これらのものをすべて内包した言葉として認識しています。

利己的な人は、幸せになれるのか?

多種多様な価値観を受け入れて生きていく必要があることは、誰もが理解しなければなりません。

ですので、世の中には「他人の屍を踏み越えてこそ自分が幸せになれる」という価値観や、「他人の幸せのために働くなんてバカじゃないの」という価値観の人がいることも見て見ぬ振りはしません。
利己的な考え方で生きている事自体、否定されるものではありませんし、利己的な人がいるからこそ成り立っているビジネスモデルもたくさんあります。

ただし私達は、そういう人が悪意を持って接してきたとしても、一切動じることのない強さを身につけ、自社の従業員やお客様などの大切な仲間たちを守ることができるような強い組織であり続けること。

これは、自分が信頼する「他人の幸せに寄与する」ためにも最も重要なことのひとつです。

自分の幸せを後回しにすればするほど、自分が幸せを感じることができるというのが、人間という生き物の普遍の真理なのかもしれませんね。

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5730号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら