ブログ

不機嫌な職場・上司・部下・顧客にストレスを感じているなら

  • 公開日:

今から30年近く前。
学生だった私が、アルバイトとして社会経験を積み始めた頃、すべての先輩が、仕事のできるスーパーマンだと感じたことを思い出します。

しかしそのスーパーマンたちの何人かは、いつも不機嫌で、こちらが少しでも粗相しようものなら地面が割けるほどの雷が落ちかねない空気感があり、大人の世界は、こんな空気の中にあるのか?と、背筋が伸びる思いで学生時代の私はアルバイトという仕事に向き合っていました。

「不機嫌は罪である」

この言葉を、つい先日私が尊敬する先輩経営者から聞き、たしかにその通りだと膝を打ちました。

もちろん、日本国で定められている法律上の罪であるわけではありません。
おっと、そんなこと言われなくても分かっていますよね。蛇足でした。

しかし、「不機嫌は罪である」と認識できている人はどれだけいるでしょうか。一般的にはこれが認識できている人は、かなり少数派だと思います。

ひと昔前までは、不機嫌でもそれなりに生きていける時代がありました。仕事ができれば不機嫌でも許されるような空気がありました。

例えば、不機嫌な上司。不機嫌な部下。
家庭内で不機嫌な夫。不機嫌な妻。

文句あるのかと言わんばかりの不機嫌さを全面に押し出し、「自分が不機嫌であるのは、あなたのせいであると顔に書いてあるような人の存在を、みなさんも一人や二人知っているのではないでしょうか。

不機嫌で自分の周りをコントロールしようとする人間がいない組織にする

ちなみに私が経営するすべての組織では、「仕事はできるけど不機嫌な人」という従業員は一人もいません。そして、そんな従業員は未来永劫一人もいないということが断言できます。

それは、組織内で運用されている「クレド」の存在が、不機嫌という感情を表に出すことを、許容しないからです。

みなさんの会社には、不機嫌な人がいるでしょうか?もしくはいないでしょうか?
そして、未来永劫、不機嫌な従業員が一人もいないと断言できるでしょうか?

「不機嫌」さで、自分が所属している組織やチーム、そして周りの人たちをコントロールしようとする人がいます。
不機嫌が罪であると言うだけでなく、不機嫌という感情を出す人を見て見ぬふりをすることも、同罪だと私は考えています。

どんな会社でもどんな組織でも、不機嫌な人間が一人もいないような環境を作ることはできます。もちろんみなさんの組織でも。さほど難しいことでもありません。

もし、こうした組織づくりに興味のある方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡くださいね。

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5730号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら