ブログ

渋沢栄一が現代に生きていたら会いに行くべし|経営者の行動論

  • 公開日:

令和6年(2024年)から市場に流通し始める新紙幣。その新紙幣で1万円札の肖像になるのが、日本資本主義の父と言われた渋沢栄一。

私欲のためではなく国力増強のために、500近い会社を立ち上げた人物として多忙を極めていたであろうことは容易に想像がつくわけですが、渋沢栄一はなんと!

「自分を訪ねてきた人には基本的には全て会うようにした」と言われています。

誰を訪ねるかが、自分の人生を決める

「自分を訪ねてきた人には基本的には全て会うようにした」という渋沢栄一氏。

では、当時どのくらいの人が渋沢栄一を訪ねてきたのでしょうか。その数がどのくらいだったか、当時を知ることのできる資料を見つけることができませんでしたが、おそらくは大勢の人が訪ねてきたわけではないと、私は想像しています。

先日、著名な経営者の方とお会いして、サシでゆっくりと食事しながらお話していたときにこんな質問をしてみました。

「毎日多くの人と会うだけでも大変じゃありませんか?」

そうしたら、意外な答えが返ってきました。

「実はそうでもないんですよ。私は基本的に、誘われたら断らないんですよ。飲みに行こうと言われたら、予定が入っていない限り断ったことは多分一度もないですよ。」とのこと。

各界で著名な方は、きっと忙しいであろうとか、簡単には会ってくれないだろうとか、そう勝手に思われているだけで、実はそうでもないということが今も昔も多いのです。

自分が会いたい人には、たいてい会える

男子学生のあるあるネタですが、学校一の美人の女子は最も競争率が高いかと思いきや、ほとんどの男子が、「どうせあの子は誘っても断られるだろう」とか「美人の子にはイケメン男子がいっぱいアプローチするんだろうから、俺みたいな花がない男は声かけるだけムダ」とか、誘ったり声かけたりする前から、勝手に遠慮してしまっているということがありますよね?

大人になってからの社会でも、これとほとんど同じことが起きています。

私の勝手な想像ですが、日本資本主義の父である渋沢栄一氏が「自分を訪ねてきた人には基本的には全て会う」ことができたのは、物理的に会えるくらいの人しか訪ねてこなかったのではないかと思っています。

ちなみに、私(藤原)程度の人間でも、たまに「お会いするのは難しいですよね?お忙しいですよね?」と言われるのですが、「場所と日時さえ合わせてもらえれば、ぜんぜん大丈夫ですよ。私なんかに会いたいという人、毎日そんなにいらっしゃいませんから。」とお伝えしています。

渋沢栄一の百万分の一くらいの小粒な人間ですが、私もこれからの人生は「自分を訪ねてきた人には基本的には全て会うように」しようと思います。

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5730号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら