管理と監視の違いを理解していますか?

管理職の多くは、ただ監視しているだけ

管理と監視を勘違いしていたり、もしくは混同している人が経営者やリーダーという立場になってしまうと、従業員満足度が高まらないだけでなく、優秀な人材が長く働けないような空気が醸成されることになります。

皆が同じ方向に自発的に走っていくように仕向けることが管理

細かいルールを決めて、それを守ることを強要するようなものは、管理ではありません。
多くの人は、管理しているつもりでやっていることが、事実上の監視になっていることが少なくありません。監視というやり方では、人は持てる力を最大限発揮しません。人は誰でも、自発的にやりたくなるような環境があって、また自発的にやりたいことをやらせてくれるようなリーダーの下でこそ、持てる力を最大限発揮しながら、成長していきます。

管理という言葉をどのように定義するかが、経営者としての価値、上司としての価値を決定づけるのです。

もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論