発言よりも行動。経営者は常に見られている。優れた組織文化を

発言以上に「行動」を見られている事を肝に銘じよう

経営トップの日々の行動の積み重ね。そして経営幹部の日々の行動の積み重ね。
もう、これに尽きると言っても過言ではありません。

もちろん、日々の発言の積み重ねも重要です。経営者の一挙手一投足、立ち居振る舞いの全てが組織の細部にまで影響を及ぼしていきます。

しかし、ここではいったん発言と行動を分けて考えてみましょう。発言もめちゃくちゃ重要ではありますが、それ以上に重要なのが行動。
私たちは、発言以上に行動を見られています。そしてその行動の結果を見られています。

「日々の行動の積み重ねが敬意と信頼を生み、その積み重ねによって優れた組織の文化は醸成されます。」

全従業員からどのように見られているか自覚していますか?

もし、みなさんが、自社の全従業員から尊敬や信頼をされていないという自覚があるのであれば、日々の行動を反省し、見直すべきです。

「理解はされていないかもしれないけど、それでも私は私なりに頑張っているんだ」と開き直ってはいけません。開き直ってしまったら、今以上に優れた組織に進歩することはなくなってしまいます。

優れた組織文化は、一朝一夕にできるものではありません。
とっておきのテクニックを身につければ作れるものでもありません。
優れたコンサルタントに依頼すればできるものでもありません。

他の誰でもない、経営者である自分が、日々の行動を積み重ねて作っていくのです。