まず、考えるということを考え抜かねばなりません。
リーダーとして、何を考えるのか。最も考える人であるために、どうあるべきなのか。
毎日、目の前にある仕事に向かうだけではいけません。頭だけを使う時間を、できるだけ多く取らなければいけません。

考えるべきことは無限にあります。

答えがないことを考え続ける。考えて出した結論を、再度考え直す。考えて行動して、また考える。

考える質と時間が、リーダーとしての人間を形成していきます。 まだまだ質も時間も足りていません。もっと自分の脳に負荷をかけていかねばなりません。


もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論