ブログ

経費削減の中に人件費を入れるかどうか

  • 公開日:

「経費削減の中に人件費を入れるかどうか」
に、経営者の人間性と、
本当の企業理念がにじみ出ます。

従業員満足度を高めたい、と
考える経営者は近年少しずつ増えてきておりますが
従業員満足度を高めることを、
「業績向上のための手段」と考えるか、
「従業員満足度を高めることこそが企業目的」
と考えるかで、
やることなすことの根幹が全く変わってきます。

なぜ従業員満足度に興味を持ち始めたのか、
みなさんも今一度自らの胸に手をあてて
心の深い部分にある信念を感じてみてください。

GREAT PLACE TO WORK(R) という組織が
年次で発表している、
「働きがいのある会社ランキング」の
2016年第一位になった日本マイクロソフトの社長が
なんと驚くことに、

経営トップが働きがいのある会社づくりに
力を入れる理由は、
業績向上のためである旨の発言を堂々としています。

つまり、働きがいのある会社を作ることは、
業績向上のための「手段である」
と言っているのです。

トップがそういう考え方であっても、
現実として働きがいのある会社
(=従業員満足度の高い組織)が
できているのであれば良い、
という考え方もあろうかと思います。

しかし、働きがいのある会社を
業績向上の手段であると考えが根幹にある場合、
時代や環境が変わり、業績向上のための手段として
もっと良いものがでてきたとき、
こういう考え方の企業の従業員満足度は
そこから右肩下がりになります。

歴史を見れば、目的の達成に向けて
常に手段は変わっていることが理解できるでしょう。

働きがいのある会社(=従業員満足度の高い組織)を
つくりたいと考える経営者が増えたことは
喜ばしいことではあります。

ただその背景として、現代の先進国家では
それが「業績向上の手段として最適だから」という理由が
根幹にある場合、どうしても喜ぶことができないのです。

私が考える従業員満足度の高い組織とは、
あえて言い換えるとしたらまさに、Great place to work
という言葉がしっくりきますので、
この、GREAT PLACE TO WORK(R) という組織には
かなり前から注目しておりましたが、
(いや、今でも注目しておりますが)
ちょっと気になる点が、この「目的と手段の違い」です。

ただ、補足しておくと、
GREAT PLACE TO WORK(R)という組織の成り立ちや、
その他の考え方を見聞きする限り、根幹では、
「働きがいのある会社(=従業員満足度の高い組織)
を作ることは
すべての企業は、最終的な目的とすべきである」と
考えているようにも思えるのです。

この組織、表向きの収益構造が
関わる企業の従業員満足度とリンクしないので、
そこは再考の余地ありと、生意気ながら思っています。

引き続きウォッチし続けたいと思います。

もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5740号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら