ブログ

人生100年時代の定年後について考えているか?

  • 公開日:

定年後をどれだけ意識しているか?

定年、について考えています。あなたの会社では、定年はあるでしょうか。一般的には60歳とか65歳でしょうか。大手企業では55歳定年というところもあります。

いずれかの組織に所属して働く多くの人が50歳くらいまでは、定年とか定年後のこととかを考えることなく働いていますが、50歳を超えたあたりからその後の自分の人生について考えることになります。

一方で経営者の場合、例えば20代で起業し、自分より若い人間ばかりで組織を作り、成長と上昇を志しながら上だけを見て走り続けるような仕事の仕方をしていると、定年ということを創業以来一度も意識したことがない、という人もめずらしくありません。

60歳から100歳までの人生を設計すること

人生100年時代。リアルに100歳まで生きる可能性が高い時代を私たちは生きています。
そんな時代に、もし60歳で仕事をやめたら、その後の人生40年をどのように生きるかをきちんと考えておかねばなりません。
それは経済的な問題だけではありません。むしろ経済的な問題解決はさほど難しいものではありません。それよりも、20歳から60歳までの40年間と、60歳から100歳までの40年間の違いを理解し、その後半40年を、精神的、身体的、社会的にいかに充実したものにできるかという問題に、早くから向き合っておくことが重要です。

私たちは経営者という立場で仕事をしている以上、自社の従業員の人生についても想像しておく必要があると思っています。責任を持つ必要はありません。自分の人生は自分で責任を持つものです。

ただ、想像しておくことで、自社に関わる人たちが、仕事を通じて人生を強く生き抜く力が身につくような組織にすることが、自分の役割であることが分かります。

従業員満足度の高い組織にいる人の後半の人生が面白い

何歳まで働くかは人それぞれです。何歳まで働きたいかも人それぞれです。しかし、定年制があると、働きたいという希望がある人も定年で仕事をやめねばならなくなります。
そこで、従業員のその後の人生を想像する。仕事をやめてもやめなくても、人生を楽しく強く美しく生き抜く力が備わっていれば心配ありません。

サラリーマンや公務員として働いている人の中には、組織に所属して働かなければ稼げないから仕方がなく組織に所属している人と、どこでも自分の力で稼ぐことができる力がありながらも、組織の魅力に惹かれてあえて所属して働いている人の二種類の人がいます。

従業員満足度の高い組織には、どちらのタイプの人が多いか言うまでもありませんね。

詳しくは、発売中の書籍「ES2.0 新・従業員満足度」に書きましたので、こちらも合わせてどうぞ。

▼本質を見抜く力を身につけるために▼

もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5740号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら