ブログ

安田佳生さんとの対談 17【質の高い悩みと質の低い悩みの違い】

  • 公開日:

元ワイキューブの社長で境目研究家 安田佳生さんとの対談企画

人は何のために働くのか。
仕事を通じてどんな満足を求めるのか。
時代の流れとともに変化する働き方、そして経営手法。
その中で「ES(従業員満足度・従業員エンゲージメント・ウェルビーイング)」に着目し様々な活動を続ける従業員満足度研究所株式会社 代表の藤原 清道が、安田佳生さんと対談していきます。

雇わない株式会社というユニークな会社の取締役も務め、「雇わない経営」を標榜する安田さんと、ESの向上を使命に事業展開する私(藤原)の対談を、ぜひ読んでいただければと思います。

第17回目は【「質の高い悩み」と「質の低い悩み」の違い】という内容です

「質の低い悩みは心と体を蝕む。質の高い悩みは人生を豊かにする」という主旨の話しを、以前に私の日刊メールマガジンで書いたことがあります。

その時の配信内容を安田さんが興味を持ってくださり、そのことについての対談となりました。

そもそも「悩みには質がある」という発想自体が面白いと感じてくださり、そこにツッコミを入れていただいて対話がスタートし、質の高い悩みを持つことがいかに人生を好転させるかということに、多くの人が気づいていただけるようなお話が出来たのではないかと思っています。

人間は誰もが悩みを持って生きています。
しかし、人によって持っている悩みの質のレベルはまちまちです。

人間は、精神と脳が成長すればするほど、悩みの質が高まっていきます。いや正しくは、高まっていくのではなく、自分の意思で積極的に高めることができると言ったほうが正確かもしれません。

私自身は、自らの脳に抽象度の高い問いを投げるということを、今まで大切にしてきました。
そして自分の脳内で自らを躾ける言語を編み、その編み上げたオリジナルの言葉を、繰り返し自分の脳内で反復学習をさせてきました。

その結果、悩みの質を高めることができるようになったのです。

ちょっと、何を言っているのか抽象度が高すぎて、よくわからないですよね?

そんなことを分かりやすく多くの人に伝えられるよう、具体と抽象を行き来させながらの対話となりました。

安田さんがさまざまな切り口で、私の本音を掘り下げてくれるので、今回もとても楽しい対談時間となりました。
結果として、この対談を読んでくださる方にも分かりやすくて気づきが生まれやすいコンテンツになったと思います。

以下をクリックして、対談内容をチェックしてみてくださいね!

【「質の高い悩み」と「質の低い悩み」の違い】
安田佳生 ✕ 藤原清道 連載対談第17回目

いかにして楽をするかということを、とことん考えて、どうすべきかを悩むということは、とても有意義で質の高い悩みなんです。

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5780号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら