ブログ

従業員満足度の「従業員」というコトバの定義

  • 公開日:

あらためて、従業員満足度の“従業員”というコトバの定義を、こちらでしておこうと思います。

「従業員」というコトバがもつ独特の響きに、あまり良い印象をもたない人がいることを私は知っています。

経営者が俗に言う、『うちの従業員が・・・』という言葉の中には、経営者や会社(小さな会社の場合、経営者と会社はイコールである組織がほとんどです)に“従う”という意味で「従業員」というコトバが使われていることはひとつの事実であり、否定することはできません。

「従業員満足度」という単語は、「社員満足度」という言葉で言い換えることもできます。そして昨今は、「従業員満足度」というネガティブな意味を含む言葉ではなく、「社員満足度」という言葉を積極的に使う組織も増えてきました。それでもなぜ、私が、「社員」ではなく、“従う”という単語が入る「従業員」という言葉を使い続けるのか・・・、ということをあらかじめ説明しておきたいと思います。

「社員」という言葉には、“従う”という言葉が入っていないかわりに、正社員に限定するコトバ(呼び方)という印象があります。派遣社員や契約社員には「社員」という言葉が入りますが、パートタイマーやアルバイトには、「社員」というコトバではどうしても括りきれません。パートタイマーやアルバイトと、正社員は、あくまでも働き方の選択であって、身分や立場、能力の違いを表すものではないというのが私の考え方です。(事実、弊社には正社員とパートタイマーがおりますが、それは本人の働き方の選択であり、会社都合でそのようにしているわけではありません)

従業員というコトバは、「経営者に従う」と考えるとネガティブな印象になってしまいますが、弊社では「組織が掲げたビジョンや理念に従う人たち」という意味でこのコトバを使っています。つまり、経営者も含めた全てのスタッフが「従業員」。弊社では、経営幹部も新入社員もパートタイマーも、組織に所属する全てのスタッフを「従業員」と定義付けています。そしてもうひとつ補足すると、「従業員」というコトバには「従業員さん」、という、“さん”付けの派生語も存在します。しかし前述の通り、私も含めた所属する全てのスタッフが「従業員」ですから、そう考えると本来“さん”付けでこのコトバを使うのは定義付けに矛盾します。むしろ経営陣が「従業員さん」という言葉を使ってしまうと、経営者を特別視していて、経営者以外を「従業員」と定義づけているような印象にもなってしまいます。

そこで、この今後は、全て“さん”付けをしない、「従業員」という言葉で統一したいと思います。

経営者も新入社員もパートタイマーも、「組織が掲げたビジョンや理念に従う人たち」という意味で全て「従業員」です。その「従業員」の満足度を追求するのが、私が考える本当の意味での「従業員満足度」なのです。

▼本質を見抜く力を身につけるために▼

もっと本質に掘り下げた詳しい話に興味がある方は
著書「新・従業員満足度 ES2.0」か、
以下の日刊メルマガへどうぞ
▶ 名言から学ぶ組織論

日本で唯一のESに特化した
会員制メルマガ

月額880円(税込)※1ヶ月間無料購読可

会員制メルマガについて詳しく見る

当社の「従業員」の定義

当社では「従業員」を“理念やクレドに従う全スタッフ”と定義しています
つまり一般的な社員だけでなく、アルバイトさん、パートさん、
そして経営トップや役員も従業員の一人であり、そこに優劣はありません。

一般的には、経営者に「従う」という意味で従業員という言葉が使われていますが、
当社では理念やクレドに「従う」という意味で
経営トップも含めて関係者全員を従業員と定義しているのです。

書籍のご案内

ES2.0書籍のサムネイル

代表の藤原清道が自ら経営する会社での実体験を通して得た、従業員満足度を上げるための実践的なノウハウをお伝えする、経営者やリーダー必読の一冊です。

Amazonで購入する
ES2.0書籍のサムネイル

手軽に学び始めたいという方はこちら

日本で唯一の
ESに特化したメルマガ

メールのアイコン

2008年の創刊以来、毎日配信し続け5730号。
採用や組織作りを中心とした現役経営者の思考を学べる
1ヶ月間無料の日刊の会員制メールマガジンです。

会員制メールマガジンを購読する

気軽に情報収集から始めたい方はこちら

X / YouTube

従業員満足度研究所 代表 藤原清道

Xは毎日発信、YouTubeも平均月に2本アップ。
採用や組織作りなどについて無料で学べる公式アカウント。
メルマガはハードルが高いと感じられる方は、
まずSNSのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

対談企画

定着と報酬の関係

代表の藤原清道が、株式会社ワイキューブ創業者で境目研究家の安田佳生さんと対談しています。

サービスについてご質問などがございましたら、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら